2006年09月15日

マイペース

おはようございます。季節はあっというまに、秋らしく涼しくなりました。体育祭の練習の掛け声が近くの小学校から聞こえてきます。ペナントレースも終盤ですが、気持ち秋場所のモンゴル力士の強さの方に見ごたえを感じています。

うつ病になってしまった方に、「あなたのあなたらしい大切な生き方やペース、さらには家族の家族らしいの生き方を見直すチャンスでもありますよ」と声をかけたりします。「うつを生かす」と言う言葉もあり、何かをつかんでその後の人生をよりよいものにつなげていければとの願いです。自分らしさや、その家族らしさ、そしてペースを大事にすることは、すなわち心の安定や病気の予防にとって、最も大切なことの一つです。
鹿児島まで旅をする場合でも、新幹線で行く人もありますが、車の人も、飛行機の人もあるでしょう。はたまた休み休み「どんこう」や、自転車、歩いて行く人もあります。早いのは新幹線か飛行機でしょうが、道中を最も楽しめたとなると、それぞれに答えが違ってきます。現代は、文明の進歩とともに、移動も情報の伝達も余りにも早くなりすぎたと嘆く人があります。そしてそんな文明の進歩とともに、必然的に、うつ病が増えてきたのでは、と警鐘をならしています。

漱石ではありませんが、あまり流されすぎずにいきたいものです。
posted by かなめクリニック at 09:33| 精神科・心療内科